英単語だけで「お金を借りる」ということを伝えるには

お金を借りるという希望を伝えるためには、まずどのような状態かを伝える必要があります。当たり前のようですが、お金がないわけですよね。

このような状態を表すために、頭に思い浮かべる単語をいくつか考えて見ます。最初はもちろん「お金」です。つぎに「欲しい」、「無い」、「返す」、「借りる」が最低限必要でしょうか。そして実際に貸してもらうためには、最低限の謙虚さも必要になります。そこで「お願い」の”Please”も必要です。

お金を借りるときに、単語だけで表現することを考える場合、逆に考えると完全な文章から何を省くかという問題であるともいえます。まず主語の「私」は省きましょう。動詞は必要ですが、変化形などとぜいたくなことはいわずに辞書に載っている形(原型)を使います。まず”No money”といって見ましょう。「お金がない」と現状を伝えます。相手が見込みがありそうな反応をしてくれたら、つぎに”tomorrow”(明日)、”return”(戻す)、”back”(返す)など付け加えれば、お金を借りるという希望、そしてどうやら返す意思があるようだと理解してくれるかも知れません。
「マネー、プリーズ、トゥモロー、リターン、またはバック」。これで何とかなるかも知れません。できれば単語だけではなく、ボディーランゲージを活用しましょう。ポケットを裏返して見せれば、お金が無いことを伝えることができます。

でも注意点を一つだけ。「マネー、マネー」と単語を連呼するのだけはだめですよ。これでは強盗です。お金を借りるどころか下手をすると警察を呼ばれてしまいます。

お金を借りる大技林|今すぐ借りれるランキングTOP3はどこ?はこちら

Comments are closed.